旧陸軍桶川飛行学校

熊谷陸軍飛行学校桶川分教場(桶川飛行学校)は、昭和10年に開校した熊谷陸軍飛行学校(現在の航空自衛隊熊谷基地)の分教場として、昭和12年6月、埼玉県北足立郡川田谷村に開校しました。桶川方面から、荒川に架かる太郎右衛門橋の手前、右手に見える高台に、現在も守衛所、車庫、営庭、本部兵舎、弾薬庫などが残されています。

滑走路は、現在のホンダ航空の滑走路と同じ位置にあり、川島町側、ホンダ航空の社屋脇の堤防から滑走路に向かう広々としたところには、格納庫と現地事務所がありました。

歩兵や砲兵などの兵科から飛行兵を志願し入隊してきた召集下士官、少年飛行兵(少飛)、学徒出陣の特別操縦見習士官(特操)など、昭和20年2月の閉校までに20期余り、推定1,500〜1,600名の飛行兵を養成し、戦地に送り出しました。昭和18年9月に卒業した少飛第12期生は45名中18名が、昭和19年3月卒業の特操第1期生は80余名中20名近くが戦死しています。

昭和20年2月以降は特攻隊の訓練基地となり、同年4月5日、陸軍初の練習機による特攻となる第79振武特別攻撃隊12名が知覧基地に向け出発しました。この特攻機に、途中まで同乗していった元整備員の体験談も公表され、また、特攻隊出発時の写真や隊員の手記、寄せ書きなども残されています。
 
現在、桶川市は飛行学校建物の耐震性不足を理由に、平成27121日から現地への立ち入りを禁止としました。したがって、本会では一般公開ができない状態となっています。


旧陸軍桶川飛行学校
                  
熊谷陸軍飛行学校桶川分教場(桶川飛行学校)は、昭和10年に開校した熊谷陸軍飛行学校(現在:航空自衛隊熊谷基地)の分教場として、昭和12年6月桶川市大字川田谷に開校しました。現在の太郎右衛門橋のたもとを旧道の方(上流側)にそれたところ(橋の脇の大イチョウの木の荒川上流方向100m)に、現在も守衛所、車庫、営庭、本部兵舎、弾薬庫などが残っています。滑走路は現在のホンダ航空の滑走路と同じところで、川島町側、ホンダ航空社屋脇の堤防から滑走路に向かう広々としたところには、格納庫と現地事務所がありました。

ほかの兵科から航空兵を希望してきた召集下士官、少年飛行兵、学徒出陣の特別操縦見習士官など、昭和20年2月の閉校までに20期余り、推定1,500−1,600名の航空兵を教育しましたが、昭和18年9月に卒業した少年飛行兵第12期生は45名中18名が、昭和19年3月卒業の特別操縦見習士官第1期生は80余名中20名近くが戦死しています。昭和20年2月以降は特攻隊の訓練基地として使用され、同年4月5日、陸軍初の練習機による特攻となる振武第79特別攻撃隊12名が知覧基地に向け出発しています。この特攻機に途中まで同乗していった元整備員の体験談も公表され、また、特攻隊出発時の写真や隊員の手記、寄せ書きなども残されています。

分教場の正門(昭和16頃、自転車を止めて人が入っていく)
訓練風景(昭19.2頃、後方は泉福寺)
開校を報じる東京日日新聞(昭12.6.3)
 水盃を交わす第79振武特攻隊員12名(昭20.4.5)
旧本部兵舎建物の現況
  
終戦後、建物は地元・桶川市が床を張り仕切りをし、大陸からの引揚者などの住居として使用されました。敷地は国、建物は桶川市の所有でした。
 
平成19年3月、最後の住人が転出したため、市は国との約束で、ここを更地にして、平成22年3月末に国に返還することになっていましたが、本会で行った1万4千人余の保存要望の署名に応え、22年1月、市は敷地を購入しました。
 
現在、桶川市は飛行学校建物の耐震性不足を理由に、平成27121日から現地への立ち入りを禁止としました。したがって、本会では一般公開ができない状態となっています。

宿舎、車庫、便所、守衛所及び守衛所前の弾薬庫が現存。
現地案内図
 桶川駅西口から「川越行」東武バスで10分「柏原」停留所下車。かしわ屋食堂の反対側を進行方向に50mの右。現在、桶川市は飛行学校建物の耐震性不足を理由に、平成27121日から現地への立ち入りを禁止としました。したがって、本会では一般公開ができない状態となっています。

【現存】学生宿舎(兵舎) 便所 車庫 守衛所
Copyright(C) OKEGAWA HIKO GAKKOU WO KATARITUGUKAI All Rights Reserved Web Design by Mujika Inc.